「痛み」の感じ方には個人差があります。
ちょっとした痛みにも敏感な人がいる一方、かなりの痛みにも動じない人もいるでしょう。
なにかに集中しているときは、痛みを感じにくいのかもしれません。
それだけに、なんらかの拍子で痛みを強く感じることもあるのです。
歯の痛みは代表的存在。
これは、経験したことがない人にはわからないと思います。
虫歯があると、それが原因でズキズキ痛むのはよくある話です。
そうならないためには、早めに虫歯治療するのが理想ですが、忙しさにかまけて、なかなか踏み切れない場合もあるでしょう。
歯の痛みを抑えるためには、鎮痛薬で対応する方法があります。
しかし、胃を荒らすなどの副作用が心配されます。
もちろん、応急処置の方法としてはよいかもしれませんが、やはり、歯医者で治療を受けることが大切ですよね。
ただ、時間帯によっては対応できない歯医者も多いため、ふだんから歯の状態をきちんと把握することが必要です。
虫歯がある人は、痛みの有無とは関係なく、積極的に虫歯治療することをおすすめします。
なお「痛みつながり」として手の痛みがあります。
私は、寒い時期になると手荒れなどに悩まされていますが、この痛みも人にはわからないでしょう。