最近は歯周病と関連のある病気がたくさんあることがわかってきているそうです。
その代表的なもの(?)とは「糖尿病」で、糖尿病の人は歯周病になっている率が高く、糖尿病によって歯周病が重要化しやすいそうです。
また、逆にも同じことがいえるようで、歯周病の人は糖尿病になりやすいんだとか。
そのため、歯周病を治せば糖尿病の症状緩和が見込めるケースも多く、口の中のケアは糖尿病予防にも一役買っているんですね。
さて、そもそも歯周病は何が原因でおこる病気なのでしょうか?
一般的には歯周病は歯垢(細菌の塊)によって引き起こされる病気で、歯肉炎や歯周炎などとにかく歯の肉の炎症が現れる症状が特徴のようです。
歯周病を予防するのに一番大事なことは歯垢をよせつけないために正しい歯磨きをすることや、定期的に歯石を取ってもらったり、歯のクリーニングをすることが大切のようです。
八幡西区の歯科には歯周病治療が得意な歯科(宮本歯科医院)が評判高いと聞きます。
スマホやパソコンからネット予約もできる便利な歯科なので、自分も今度歯石取りに行ってみようと思います!