マイホームのメンテナンスとして10年ごとに必要だと言われている外壁塗装。
せっかく塗り替えるのなら、と現在の色と少しイメージを変えて違う色を選びたいと思う人が多いと思います。
けれど外壁塗装の色決めは完成を想像するのがかなり難しく、塗装が終わってから思っていた色と違うように感じるケースが多々あります。
打ち合わせで色見本をしっかり確認したはずなのにこうしたイメージの食い違いはどうしても起こってしまいがちです。
その理由としては、まず第一に色見本のサンプルの大きさと実際の建物の大きさがあまりに違いすぎるという点が挙げられます。
人間の目の錯覚で、全く同じ色を使っても小さな面積に塗られた色は濃く見え、大きな面積に塗られた色は明るく見えてしまうのです 。
これは外壁塗装の色を選ぶ上で、大原則として1番に頭に入れておかなければなりません。
第二に、これは案外見落としがちなポイントですが、施行する家の立地によって太陽の当たり方が違うため同じ色を使っても色の見え方が違うということがあります。
つまり、日当たりの良い家の色は明るく見え、日陰になっている家の壁は当然ワントーン暗く見えるのです。
こうした基礎知識を知っていると知らないとでは大きく違うので、色選びの際にはあらかじめ情報収集をしておくことが大切です。